オリジナルTシャツのデザイン方法で選ぶ

見積もりと業者の作業工程に納得したら、次はデザイン作成をします。デザインは自分で行うことが基本ですが、簡単に作れるツールを使用したり、別で発注してプロのデザイナーにお願いしたものをデータで渡して作成することも可能です。
シルクスクリーンプリントの場合は、使う色の数ごとに型が1枚必要になるので、追加料金が発生する場合もあります。印刷方法や予算と兼ね合わせてデザインを考える必要があります。

デザイン専用ソフトや写真加工ソフトで作る

業者が指定するデザイン専用ソフトや写真加工ソフトと同じものを持っている方は、そのソフトで作成したデータを入稿することでオリジナルTシャツを作ることができます。発注する業者によっては、サイトにTシャツのテンプレートをダウンロードできることがあります。作りたいオリジナルTシャツのサイズや、形のテンプレートをダウンロードしてからデザインをすると、出来上がりがイメージしやすくなります。印刷方法によって対応しているソフトが異なっている場合があるので、あらかじめ確認してデザインを始めることをおすすめします。
また細かいデザインやグラデーションは、シルクスクリーンプリントには不向きです。昇華転写プリントは、濃い色のTシャツには印刷できません。印刷方法をどうするか、印刷するTシャツの色や素材はどうするかによってもデザインの内容が変わってきます。デザインを決めて印刷方法やTシャツの素材を決めるのか、印刷方法や素材を決めてデザインを作成するのか、予算と見積もり額を比べながら優先順位を決めて制作を進めるのが効率的です。

専用ソフトで作る

デザイン専用ソフトや写真加工ソフトを持っていないという方、使い方がわからないという方でも安心です。サイト内から専用ソフトをダウンロードして使用できる業者があるので、そういった業者を選ぶとよいでしょう。フォントや素材を数多く揃えているソフトがダウンロードできる業者を選ぶと、特別な技術がなくても簡単にオリジナルTシャツをデザインすることができます。
またweb上で保存ができるソフトなら、何日間かけて作成したり、仲間たちと相談し合ったりしながら作成することが可能です。購入履歴からリピート注文ができるソフトは、増産したりアレンジしたりが簡単です。しかし専用ソフトでは印刷方法が限定される場合があるので、確認が必要です。

ピックアップ記事

製造ロットもオリジナルTシャツ制作のポイント

ロットとは、同種の製品を生産する際の最小単位として使用されている言葉です。最低この数量から製造するということを提示する単位です。1ロットがいくつであるかに決まりはなく、製造側が独自に決めることができま...

オリジナルTシャツの素材や色を選ぶ

業者によって、取り扱っているTシャツブランドが異なります。自分だけのオリジナルTシャツを作るなら、サイズとシルエットが重要です。自分の体型に合わせたものを選ぶ必要があるので、多くのTシャツブランドを扱...

オリジナルTシャツのデザイン方法で選ぶ

見積もりと業者の作業工程に納得したら、次はデザイン作成をします。デザインは自分で行うことが基本ですが、簡単に作れるツールを使用したり、別で発注してプロのデザイナーにお願いしたものをデータで渡して作成す...

オリジナルTシャツ作成の業者や印刷方法を選ぶ

オリジナルTシャツを作ってくれる業者は、探してみるとたくさんあることが分かります。オンラインで注文できる業者なら、わざわざ店舗まで足を運ぶことがないので、頼みたいときにすぐに注文ができます。また見積も...