オリジナルTシャツの素材や色を選ぶ

業者によって、取り扱っているTシャツブランドが異なります。自分だけのオリジナルTシャツを作るなら、サイズとシルエットが重要です。自分の体型に合わせたものを選ぶ必要があるので、多くのTシャツブランドを扱っている業者を選ぶ方がよいでしょう。多くの人が着用する場合は、みんなが快適に着ることができる素材やサイズを選びましょう。安さを優先して選んでしまうと、クオリティが低くなってしまったりするので、予算内で良いものが作れるよう素材選びも大切です。その業者で販売しているTシャツは、どんな種類があるかチェックしておきましょう。

オリジナルTシャツ作りの生地選び

選んだ業者で販売されているTシャツを選ぶときに、生地についての基礎知識があれば、実際に見本を見ることができなくてもイメージがしやすいです。
例えば商品名に表記されているオンスとは、Tシャツの生地の厚さを表す単位です。3.5オンスから4.9オンスは、薄手から厚手の生地で、一般的なTシャツ生地のイメージです。夏は涼しく、冬もアンダーウェアとして使用できます。ほどよい厚みで着心地もよく、コストパフォーマンスが高いです。5.0オオンスから7.9オンスの生地は、型崩れが少ない耐久性のあるTシャツです。しっかりとした厚みで透けにくく、使用頻度が高い場合におすすめです。そして8.0オンス以上は、スウェット生地となり、吸湿性や保温性に優れたタイプになります。

デザイン性のあるTシャツで作る、オリジナルTシャツ

厚さだけでなく、デザイン性のあるTシャツも選べる業者があります。実用的なポケットがあるデザインは、おしゃれ感と個性が出て他とまた違ったオリジナルTシャツになります。Vネックは、1枚でシンプルにスタイリッシュに着こなすことができます。シャープですっきりとしたオリジナルTシャツができるでしょう。襟ぐりから袖下にかけて切り替えのあるラグランTシャツは、スポーツウェアとして人気が高いです。腕が動かしやすいので着心地がよいです。カジュアルな印象を与えられます。
肌寒い時期に着用するなら、ロングTシャツがおすすめです。リブの入ったものや厚手の生地のものなど、用途に応じて選ぶことができます。せっかく作ったオリジナルTシャツを長く愛用できるよう、生地や形にもこだわりたいものです。女性専用のレディースTシャツやキッズサイズなど、多くのサイズ展開をしている業者もあります。家族でオリジナルTシャツを作ったり、楽しみ方も広がりますね。

ピックアップ記事

製造ロットもオリジナルTシャツ制作のポイント

ロットとは、同種の製品を生産する際の最小単位として使用されている言葉です。最低この数量から製造するということを提示する単位です。1ロットがいくつであるかに決まりはなく、製造側が独自に決めることができま...

オリジナルTシャツの素材や色を選ぶ

業者によって、取り扱っているTシャツブランドが異なります。自分だけのオリジナルTシャツを作るなら、サイズとシルエットが重要です。自分の体型に合わせたものを選ぶ必要があるので、多くのTシャツブランドを扱...

オリジナルTシャツのデザイン方法で選ぶ

見積もりと業者の作業工程に納得したら、次はデザイン作成をします。デザインは自分で行うことが基本ですが、簡単に作れるツールを使用したり、別で発注してプロのデザイナーにお願いしたものをデータで渡して作成す...

オリジナルTシャツ作成の業者や印刷方法を選ぶ

オリジナルTシャツを作ってくれる業者は、探してみるとたくさんあることが分かります。オンラインで注文できる業者なら、わざわざ店舗まで足を運ぶことがないので、頼みたいときにすぐに注文ができます。また見積も...