製造ロットもオリジナルTシャツ制作のポイント

ロットとは、同種の製品を生産する際の最小単位として使用されている言葉です。最低この数量から製造するということを提示する単位です。1ロットがいくつであるかに決まりはなく、製造側が独自に決めることができます。業者によってオリジナルTシャツの1ロットが10枚であったり、100枚であったりします。
ロット管理は製造現場での時間とコスト管理などの効率化のための単位設定です。1枚だけTシャツを作るのでは、どうしても時間とコストがかかってしまいます。しかしロットで注文すると低コストでたくさんのオリジナルTシャツが出来上がります。1枚だけの注文では、値段が高くなってしまい、たくさん注文すればするほど安くなるのは、まとめて製造した方時間的ロスがなく、効率的になるからでしょう。

1枚からオリジナルTシャツが作れるメリット

オリジナルTシャツは、1ロットが複数枚であることが多く、ある程度の注文がなければ注文することができないことが多いです。なかには1枚から対応してくれる業者もあります。1枚からオリジナルTシャツが作成できると、とりあえず作ってみて実物を確認してからまとまった数を発注したいという希望が叶います。パソコンの画面上でイメージを確認することはできますが、Tシャツの質感や印刷の仕上がり具合を細かくチェックしたいなら、やはり実物を見るのが一番です。
6枚Tシャツを作りたいけれど、価格表には5枚までしか掲載されていない、という場合も、5枚と1枚を注文するという形で細かい要望に対応してくれる店舗は使いやすいです。複数人で着用するわけではなく、自分が個人的にオリジナルTシャツを作りたいということも実現できます。家族でお揃いのオリジナルTシャツを作るなど、サイズがそれぞれの場合にも1枚から対応してくれるお店は助かります。刷り増しも可能なので、もう少し枚数が欲しいというときでも、印刷をお願いできます。ただし、印刷方法によっては1枚からでは対応できないことがあるので、あらかじめチェックして、印刷方法やデザイン方法を選びましょう。

大ロットの方がコストはお得

1枚の印刷料金が高いため、たくさんの枚数を発注しても大幅なコストダウンにはならない熱転写プリントのような印刷方法もありますが、大ロットで発注した方がお得になることが多いです。
シルクスクリーンプリントの場合は、製版した版さえあれば大量生産ができるので、枚数が多ければ多いほど1枚あたりのプリント代金は安くなります。オリジナルTシャツを作るときの業者の決め方のポイントは、いくつもあります。イメージしたオリジナルTシャツが希望の予算で作れるよう、業者選びは重要です。

ピックアップ記事

製造ロットもオリジナルTシャツ制作のポイント

ロットとは、同種の製品を生産する際の最小単位として使用されている言葉です。最低この数量から製造するということを提示する単位です。1ロットがいくつであるかに決まりはなく、製造側が独自に決めることができま...

オリジナルTシャツの素材や色を選ぶ

業者によって、取り扱っているTシャツブランドが異なります。自分だけのオリジナルTシャツを作るなら、サイズとシルエットが重要です。自分の体型に合わせたものを選ぶ必要があるので、多くのTシャツブランドを扱...

オリジナルTシャツのデザイン方法で選ぶ

見積もりと業者の作業工程に納得したら、次はデザイン作成をします。デザインは自分で行うことが基本ですが、簡単に作れるツールを使用したり、別で発注してプロのデザイナーにお願いしたものをデータで渡して作成す...

オリジナルTシャツ作成の業者や印刷方法を選ぶ

オリジナルTシャツを作ってくれる業者は、探してみるとたくさんあることが分かります。オンラインで注文できる業者なら、わざわざ店舗まで足を運ぶことがないので、頼みたいときにすぐに注文ができます。また見積も...